簡単な工夫で習慣化できる

これまでまったく学習する習慣がなかった人は、まず机に向かうことを癖にしなければいけません。 時間を決めて、その時間は机に向かってください。 無理をしないで学習することも意識しましょう。 少しずつ学習に慣れていけば、いずれ長時間学習できるようになります。

学習する時間を事前に決めておく

なかなか家庭で勉強できない人は、時間を決めてください。
とりあえず決めた時間は、机に向かってください。
最初は、30分程度で構いません。
短い時間に慣れたら、少しずつ時間を伸ばしましょう。
すると1時間や2時間、過程で学習できるようになります。
勉強の計画を事前に考えるのもいい方法です。
毎日違う教科の学習をすることで、飽きずに続けられるでしょう。
工夫して、学習の計画を考えてください。

何らかの事情があって、計画していた勉強ができなくなるかもしれません。
その場合、翌日に持ち越そうと思っている人はいませんか。
しかしその方法は、あまりよくないと言われています。
翌日の勉強が2倍になるので、モチベーションが下がる原因になります。
その日にできなかった勉強は、潔く諦めた方がいいです。
帰宅してカバンを置いたら勉強するというように、日常の行動と組み合わせると、計画通りに学習しやすいです。
他にもお風呂からあがった後、食事をした後などがおすすめのタイミングです。

目標を持つことで、勉強へのモチベーションが高まります。
次の試験で、いい点数を取るなどの目標を考えてください。
また具体的な点数を掲げた方が、モチベーションが上がるでしょう。
目標を紙に書くことで、常に目標に向かって頑張ることができます。
きちんと計画通りに勉強できた時は、カレンダーに印をつけておきましょう。
印がたくさんあると、嬉しくなるのでモチベーションアップに繋がります。

無理に計画を実行しないこと

計画が実行できないと思った場合は、思い切って諦めてください。 翌日に今日できなかった分を回すと、負担に感じてしまいます。 なるべく計画通りに学習を実行するためには、日常的な動作の後に机に向かうのがおすすめです。 すると学習する癖が付きやすくなります。

具体的な目標があるといい

何のために家庭学習を頑張るのか、目標を明確にしてください。 目標があるとそれに向かって頑張れるので、やる気が湧きます。 最初に、具体的な目標を決めましょう。 テストで獲得したい点数を決めると、学習に集中できます。 集中することで、知識が頭に入るでしょう。

△ ページTOPへ